薬剤名称類似ミスのまとめ

薬剤名称類似ミスのまとめ
今回は商品名(一般名)や規格で間違えやすい内容をまとめました。認識しておかないと、実際に処方が出た際に誤って自店に在庫があるもので調剤してしまう可能性が高く注意が必要です。

ここで取り上げた製剤で今まで認識していなかった製剤に関しては実際に製剤写真をみて、判別しやすいかどうかを確認しておくことをお勧めします。

この手の間違いやすい内容はこの記事ひとつを見れば認識できるように作成しているため、かなりのボリュームとなります(結構大変だったので「いいね」などして応援頂けるとありがたいです)。

また、この記事は今後も順次追記・更新していく予定です。追記した場合は従来の記事同様にフェイスブックとTwitterでアナウンスし、ブログ上部の「お知らせ」にも記載します。

個人的運用となりますが、少なくとも半年に1回は安全管理研修として店舗従業員(薬剤師・事務)に内容を再確認してもらったり、新規に店舗配属される薬剤師には必ず内容を確認してもらおうかと考えています。

下記の7種に分類してまとめています。

1.同一成分の別製剤で間違えやすい製剤(内服)
2.同一成分の別製剤で間違えやすい製剤(外用)
3.別成分で間違えやすい一般名製剤(同一規格が存在しないもの)
4.別成分で間違えやすい一般名製剤(同一規格が存在するもの)
5.別成分で間違えやすい商品名
6.同一製剤で規格・剤形で間違えやすい製剤
7.同じ一般名で異なる製剤

頭に【般】の文字があるものは一般名として記載しています。厚生労働省の一般名処方マスタに収録されていない場合は、製薬会社やレセコン会社が提供している一般名を記載しているため、レセコンにより一般名が異なる可能性があります。

なお、過誤防止策としては錠剤であれば「識別コードの監査」で対応可能です。ただし、入力も調剤もどちらも間違えるとこの監査方法でも防ぐことができません。

薬剤の取り違え防止のための鑑査方法
今回は「薬剤の規格違いの取り違え」や「ジェネリックと先発の取り違え」などの薬剤の取り違え防止のために個人的に行っている鑑査方法をご紹介します。 これは薬剤全般を対象にするわけではなく、血糖降下剤や抗血栓薬など特に間違えたくないハイ...
スポンサーリンク
  1. 1.同一成分の別製剤で間違えやすい製剤(内服)
    1. ①「アスベリンシロップ0.5%」と「アスベリンシロップ「調剤用」2%」
    2. ②【般】「アズレンスルホン酸Na錠2mg」と「アズレンスルホン酸Na2mg・L-グルタミン660mg配合錠」
    3. ③【般】「アンブロキソール塩酸塩シロップ0.3%」と「アンブロキソール塩酸塩経口液0.3%」と「アンブロキソール塩酸塩経口液0.75%」
    4. ④【般】「アンブロキソール塩酸塩シロップ用1.5% 」と「アンブロキソール塩酸塩シロップ用3%」
    5. ⑤「イソバイドシロップ」と「イソバイドシロップ分包○mL」
    6. ⑥「エストリール錠」と 「エストリール膣錠」
    7. ⑦【般】「エリスロマイシンステアリン酸塩錠」と「エリスロマイシン錠」
    8. ⑧「オキシコンチン錠」と「オキシコンチンTR錠」
    9. ⑨【般】「オキシコドン徐放錠」と「オキシコドン錠」
    10. ⑩「クレメジンカプセル」と「クレメジン速崩錠」
    11. ⑪【般】「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩錠2mg」と「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩徐放錠6mg」
    12. ⑫【般】「サラゾスルファピリジン腸溶錠」と「サラゾスルファピリジン錠」
    13. ⑬「ソリタ-T配合顆粒3号」と「ソリタ-T配合顆粒2号」
    14. ⑭【般】「テオフィリン徐放錠「サワイ」」と「テオフィリン徐放U錠「トーワ」」
    15. ⑮【般】「ニフェジピン徐放錠(12時間持続)」と「ニフェジピン徐放錠(24時間持続)」
    16. ⑯【般】「ノルエチステロン・エチニルエストラジオール0.035配合錠」と「ノルエチステロン・エチニルエストラジオール0.02配合錠」
    17. ⑰【般】「バルプロ酸Na徐放錠」と「バルプロ酸Na錠」
    18. ⑱【般】「バルプロ酸Na細粒40%」 と「バルプロ酸Na徐放顆粒40% 」
    19. ⑲【般】「ビフィズス菌錠12mg」と「ビフィズス菌製剤錠10mg」
    20. ⑳【般】「フェキソフェナジン塩酸塩シロップ用5%とフェキソフェナジン塩酸塩シロップ用6%」
    21. ㉑「マルツエキス」と「マルツエキス分包」
    22. ㉒「ヤーズ配合錠」と「ヤーズフレックス配合錠」
    23. ㉓【般】「ラクツロース経口ゼリー40.496%」と「ラクツロース経口ゼリー54.167%」
  2. 2.同一成分の別製剤で間違えやすい製剤(外用)
    1. ①【般】「トリアムシノロンアセトニド口腔用軟膏0.1%」と「トリアムシノロンアセトニド軟膏0.1%」
    2. ②「シムジア皮下注シリンジ」と「シムジア皮下注オートクリックス」
    3. ③「ノボラピッド注フレックスタッチ」と「ノボラピッド注フレックスペン」
    4. ④「ノボラピッド注フレックスタッチ」と「ノボラピッド注ペンフィル」と「ノボラピッド注100単位/mL」
    5. ⑤「ヒューマログ注ミリオペン」と「ヒューマログミックス25注ミリオペン」と「ヒューマログ注ミリオペンHD」
    6. ⑥【般】「ビマトプロスト点眼液」と「ビマトプロスト外用液剤」
    7. ⑦【般】「ピレノキシン点眼液0.005%」と「ピレノキシン点眼用0.005% 」
    8. ⑧「プレドニゾロン軟膏0.5%「マイラン」と「プレドニン眼軟膏」
    9. ⑨「ヘパリン類似物質外用スプレー」と「ヘパリン類似物質外用泡状スプレー」
    10. ⑩「ペンニードル」と「ペンニードルプラス」
    11. ⑪BDマイクロファインプラス「32G×4mm」と「31G×5mm」と「32G×6mm」と「31G×8mm」
    12. ⑫【般】「ポビドンヨード外用液10%(エタノール非含有)」と「ポビドンヨード外用液10%」と「ポビドンヨード外用液7.5%」と「ポビドンヨード液」
    13. ⑬「ランタスXR注ソロスター」と「ランタス注ソロスター」
    14. ⑭「リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%」と「リンデロン点眼液0.01%」
    15. ⑮【般】「ロキソプロフェンNaテープ(非温感)」と「ロキソプロフェンNaテープ(温感)」
  3. 3.別成分で間違えやすい一般名製剤(同一規格が存在しないもの)
    1. ①【般】「L−アスパラギン酸カリウム」と「L−アスパラギン酸カルシウム」
    2. ②【般】「アモキサピンカプセル」と「アモキシシリンカプセル」
    3. ③【般】「アロチノロール塩酸塩」と「アロプリノール」
    4. ④【般】「アロチノロール塩酸塩」と「アテノロール」
    5. ⑤【般】「クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム配合錠」 と「クエン酸第一鉄ナトリウム錠50mg(鉄として)」
    6. ⑥【般】「ニソルジピン」と「ニルバジピン」
    7. ⑦【般】「ベニジピン」と「マニジピン」
    8. ⑧【般】「ラニチジン」と「ラフチジン」
    9. ⑨【般】「ラベタロール」と「ラベプラゾール」
    10. ⑩【般】「ランソプラゾール」と「ラベプラゾール」
    11. ⑪【般】「リトドリン」と「ミトドリン」
    12. ⑫【般】「レトロゾール錠2.5mg」と「アナストロゾール錠1mg」
    13. ⑬【般】「ベタメタゾンジプロピオン酸エステル軟膏0.064%」と「ベタメタゾン酪酸プロピオン酸エステル軟膏0.05%」と「ベタメタゾン吉草酸エステル軟膏0.12% 」
  4. 4.別成分で間違えやすい一般名製剤(同一規格が存在するもの)
    1. ①【般】「一硝酸イソソルビド」と「硝酸イソソルビド徐放錠」と「硝酸イソソルビド錠」
    2. ②【般】「エスタゾラム」と「エチゾラム」
    3. ③【般】「エバスチン」と「エピナスチン」
    4. ④【般】「ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩」と「ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩」
    5. ⑤【般】「スルトプリド塩酸塩」と「スルピリド」
    6. ⑥【般】「セフカペンピボキシル塩酸塩」と「セフジトレンピポキシル」
    7. ⑦【般】「ニコランジル」と「ニセルゴリン」
    8. ⑧【般】「ビソプロロール」と「カルベジロール」
    9. ⑨【般】「ロフラゼプ酸エチル」と「ロラゼパム」
    10. ⑩【般】「亜鉛華軟膏」と「亜鉛華単軟膏」
    11. ⑪【般】「クロベタゾールプロピオン酸エステル」と「クロベタゾン酪酸エステル」
  5. 5.別成分で間違えやすい商品名
    1. ①「エクセラーゼ」と「エクセグラン」
    2. ②「オルメテック」と「オメプラール」
    3. ③ 「カムシア配合錠」と「テルチア配合錠」と「テラムロ配合錠」と「カデチア配合錠」
    4. ④「ザルティア」と「ザイティガ」
    5. ⑤「シダトレン」と「シダキュア」と「ミティキュア」
    6. ⑥「タリオン」と「タチオン」
    7. ⑦「ディナゲスト」と「デュファストン」
    8. ⑧「テオドール」と「テグレトール」
    9. ⑨「ノイロビタン」と「ノイロトロピン」
    10. ⑩「ノルバスク」と「ノルバデックス」
    11. ⑪「ベタニス」と「ベオーバ」
    12. ⑫「ボノサップパック」 と「ボノピオンパック」
    13. ⑬「ボンビバ」と「ボノテオ」
    14. ⑭「リクシアナ」と「リフキシマ」
    15. ⑮「タプロス点眼液」と「タプコム配合点眼液」
    16. ⑯「デルモゾール軟膏」と「デルモベート軟膏」
    17. ⑰「パンデル軟膏/クリーム/ローション」と「パルデス軟膏/クリーム/ローション」
    18. ⑱「リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%」と「点眼・点鼻用リンデロンA液」
  6. 6.同一製剤で規格・剤形で間違えやすい製剤
    1. ①「ザルティア5mg」と「ザルティア2.5mg」
    2. ②「タムスロシン塩酸塩OD錠0.2mg」と「タムスロシン塩酸塩OD錠0.1mg」
    3. ③「デカドロン錠0.5mg」と 「デカドロン錠 4mg」
    4. ④「ビカルタミド錠「NK」」と「ビカルタミド錠「KN」」
    5. ⑤「ロペミン細粒0.1%」と「ロペミン小児用細粒0.05%」
    6. ⑥【般】「アダパレンゲル0.1%」と「アダパレンクリーム0.1%」
    7. ⑦「イドメシンコーワゾル」と「イドメシンコーワゲル」
    8. ⑧「MS温/冷湿布20g」と「MS温/冷湿布 40g」
    9. ⑨「スピリーバーレスピマット2.5μg」と「スピリーバーレスピマット1.25μg」
    10. ⑩「ドボベット軟膏」と 「ドボベットゲル」
    11. ⑪フルティフォーム「50エアゾール」と「125エアゾール」、「56吸入用」と「120吸入用」
    12. ⑫「モーラスパップXR120mg」と「モーラスパップXR240mg」
    13. ⑬「ルリコンクリーム」と「ルリコン軟膏」
    14. ⑭「アミティーザカプセル24μ」と「アミティーザカプセル12μg」
    15. ⑮「テネリア錠20mg」と「テネリア錠40mg」
    16. ⑯「レクサプロ錠10mg」と「レクサプロ錠20mg」
    17. ⑰「アラミスト点鼻液27.5μg 56噴霧用」と「アラミスト点鼻液27.5μg 120噴霧用」
  7. 7.同じ一般名で異なる製剤
    1. ①【般】バルプロ酸Na徐放錠
    2. ②【般】ジフルコルトロン吉草酸エステルクリーム
    3. ③【般】ピレノキシン点眼用0.005% 
    4. ④【般】ヘパリン類似物質外用スプレー

1.同一成分の別製剤で間違えやすい製剤(内服)

製剤がジェネリックである場合は、このような「成分は同一で異なる製剤」はレセコンによっては、入力でジェネリック検索すると剤形違い品として代替候補としてでてきてしまう場合があるため注意が必要です。
例えば「【般】ノルエチステロン・エチニルエストラジオール0.035配合錠」の入力の際、ジェネリック検索するとフリウェルLDだけでなく、別製剤であるはずのフリウェルULDが入力できてしまいますがこれは間違った入力となります。

①「アスベリンシロップ0.5%」と「アスベリンシロップ「調剤用」2%」

通常使われるのはアスベリンシロップ0.5%ですが、4倍濃度が濃い「調剤用」2%製剤が存在します。シロップ「調剤用」は、通常、4倍に希釈し使用します。

誤って納品されることも踏まえて、「アスベリンシロップ0.5%」を調剤する際も現物が「アスベリンシロップ「調剤用」2%」でないことを確認する必要があります。

②【般】「アズレンスルホン酸Na錠2mg」と「アズレンスルホン酸Na2mg・L-グルタミン660mg配合錠」

●【般】アズレンスルホン酸Na錠2mg:アズノール錠2mg
●【般】アズレンスルホン酸Na2mg・L-グルタミン660mg配合錠:マーズレン配合錠1.0ES
アズノール錠の認知度が低いことと、マーズレンが配合錠であり含有量の認識が薄いため、「【般】アズレンスルホン酸Na錠2mg」の処方が来たときに、誤って同じ2mg含有しているマーズレン配合錠1.0ESで調剤してしまう過誤が想定されます。
なお、マーズレン配合錠には規格違いの下記製剤もありますが、アズレンの含有量が異なるため、上記に比べれば間違えにくいかと思います。
●【般】アズレンスルホン酸Na1mg・L-グルタミン330mg配合錠︰マーズレン配合錠0.5ES
●【般】アズレンスルホン酸Na0.75mg・L-グルタミン247.5mg配合錠:マーズレン配合錠 0.375ES

マーズレン顆粒と錠の換算

マーズレン顆粒は1g 中にアズレンスルホン酸ナトリウム水和物(水溶性アズレン)3mg、日局 L-グルタミン 990mg含有します。
そのため、「マーズレンS配合顆粒」0.67gが「マーズレン配合錠 1.0ES」1錠に相当します。
1日服用量として顆粒2gに相当するのが、「マーズレン配合錠 1.0ES錠」3錠、「マーズレン配合錠0.5ES」6錠、「マーズレン配合錠0.375ES」8錠です。

一番含量の多い「マーズレン配合錠 1.0ES錠」を1.0として、有効成分の比率が1/2である錠剤が「マーズレン配合錠 0.5ES錠」、3/8である錠剤が「マーズレン配合錠 0.375ES錠」となっています。

なお、「ES」は速崩性で飲み込み易い(Easy to Swallow)錠剤であることが由来です。

③【般】「アンブロキソール塩酸塩シロップ0.3%」と「アンブロキソール塩酸塩経口液0.3%」と「アンブロキソール塩酸塩経口液0.75%」

●【般】アンブロキソール塩酸塩シロップ0.3%:小児用ムコソルバンシロップ0.3%、アンブロキソール塩酸塩シロップ小児用0.3%「トーワ」など
●【般】アンブロキソール塩酸塩経口液0.3%:アンブロキソール塩酸塩内用液0.3%「日医工」
●【般】アンブロキソール塩酸塩経口液0.75%:ムコソルバン内用液0.75%、アンブロキソール塩酸塩内用液0.75%「タイヨー」など

通常使われるのは【般】「アンブロキソール塩酸塩シロップ0.3%」(小児用ムコソルバンシロップ0.3%)です。

「アンブロキソール塩酸塩経口液0.3%」と「アンブロキソール塩酸塩経口液0.75%」は成人用製剤です。

「シロップ」なのか「内用液」なのか意識して識別する必要があります。

特にジェネリックで調剤する場合は、小児用ムコソルバンシロップのジェネリックで入荷したつもりが、誤ってアンブロキソール塩酸塩経内用液で入荷した場合などは発見が困難となるため注意が必要かと思います。

なお、「アンブロキソール塩酸塩内用液0.3%日医工」は1包(5mL)ずつの包装のため、現物は判別しやすいですが「アンブロキソール塩酸塩経内用液0.75%」は500mL瓶なので見分けにくいです。

④【般】「アンブロキソール塩酸塩シロップ用1.5% 」と「アンブロキソール塩酸塩シロップ用3%」

●【般】アンブロキソール塩酸塩シロップ用1.5%:小児用ムコソルバンDS1.5%、プルスマリンAドライシロップ小児用1.5%など
●【般】アンブロキソール塩酸塩シロップ用3%:ムコソルバンDS3%、プルスマリンA3%DSなど

【般】「アンブロキソール塩酸塩シロップ用1.5% 」は小児用ですが、「アンブロキソール塩酸塩シロップ用3%」は成人用となります。

⑤「イソバイドシロップ」と「イソバイドシロップ分包○mL」

「分包」とつかない場合はボトル製剤です。

分包製剤は下記の3種類存在します。
・イソバイドシロップ分包20mL
・イソバイドシロップ分包23mL
・ イソバイドシロップ分包30mL

イソバイドシロップの入力ミス及び調剤ミスの注意
今回はイソバイドシロップのレセコン入力及び調剤ミスに関する注意点をまとめました。 イソバイドシロップは分包品(20mL、23mL、30mL)とボトルでのバラ包装が存在しますが、それぞれ包装ごとの薬価収載(下記の4種類)となっており...

⑥「エストリール錠」と 「エストリール膣錠」

・エストリール錠 :100γ/0.5mg/1mg
・エストリール膣錠 :0.5mg

0.5mgの規格が共通するため注意が必要となります。
なお、エストリール錠の100γ(ガンマ)という見慣れない単位は100γ=0.1mgにあたります。

⑦【般】「エリスロマイシンステアリン酸塩錠」と「エリスロマイシン錠」

●【般】エリスロマイシンステアリン酸塩錠:エリスロシン錠100mg /エリスロシン錠200mg
●【般】エリスロマイシン錠:エリスロマイシン錠200mg「サワイ」

「【般】エリスロマイシン錠」の処方で誤ってエリスロシン錠を調剤してしまう過誤や、エリスロシ錠のGEがエリスロマイシン錠「サワイ」だと勘違いして調剤してしまう過誤が想定されます。

一見「エリスロシン錠」のジェネリックが「エリスロマイシン錠「サワイ」」と思いがちですが別製剤です。

エリスロシン錠は腸溶錠ではありませんが、エリスロマイシン錠「サワイ」は「腸溶錠」となっています。

そのため、商品名が不適切であり、本来であれば「エリスロマイシン腸溶錠「サワイ」」と商品名を改めるべきかと思います。

⑧「オキシコンチン錠」と「オキシコンチンTR錠」

●【般】オキシコドン徐放錠:オキシコンチン錠、オキシコドン徐放錠「第一三共」
●【般】オキシコドン徐放錠(乱用防止製剤):オキシコンチンTR錠

TR錠は2017年に発売された乱用防止製剤です。従来品は販売中止となります。

なお、TR錠は従来品と異なる点がいくつかあるため注意が必要です。

また、発売当初は違う製剤にもかかわらず、一般名が同じでしたが、現在は上記のように区別されているようです。

オキシコンチン錠とオキシコンチンTR錠の違い
今回は2017年12月に発売した粉砕・溶解が困難な乱用防止製剤であるオキシコンチンTR錠と、従来製剤であるオキシコンチン錠の違いをまとめました。 TR錠は乱用防止を目的とした製剤であり,その点以外は従来品と同じだと思われがちですが...

⑨【般】「オキシコドン徐放錠」と「オキシコドン錠」

●【般】オキシコドン徐放錠:オキシコンチン錠、オキシコドン徐放錠「第一三共」:5mg/10mg/20mg/40mg
●【般】オキシコドン錠:オキシコドン錠「第一三共」:2.5m/5mg/10mg/20mg

麻薬にもかかわらず、過誤を誘発する最悪といってもよい名称となっています。

徐放でないオキシコドン錠は「オキノーム散」のジェネリックとなっています。

⑩「クレメジンカプセル」と「クレメジン速崩錠」

クレメジンカプセル200mgは今までも販売していましたが、最近クレメジン速崩錠500mgが発売されました。

速崩錠のほうが含有量が多く、カプセルに比べ服用の錠数が少なくてすむため今後は速崩錠が主流になるかと思います。

⑪【般】「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩錠2mg」と「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩徐放錠6mg」

●【般】「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩錠2mg」:ポララミン錠、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩錠2mg「武田テバ」
●【般】d-クロルフェニラミンマレイン酸塩徐放錠6mg:d-クロルフェニラミンマレイン酸塩徐放錠6mg「武田テバ」
ジェネリックのネオマレルミン錠2mgもネオマレルミンTR錠6mgもすでに名称変更により一般名+会社名に変更となっています。
過誤防止のために「mg数」と「徐放」の文字の有無を確認する必要があります。

⑫【般】「サラゾスルファピリジン腸溶錠」と「サラゾスルファピリジン錠」

●【般】サラゾスルファピリジン腸溶錠:アザルフィジンEN、サラゾスルファピリジン腸溶錠「日医工」など:250mg/500mg
●【般】サラゾスルファピリジン錠:サラゾピリン、サラゾスルファピリジン錠「日医工」など:500mg

処方が多いのはアザルフィジンENなど「サラゾスルファピリジン腸溶錠」であり関節リウマチが効能となります。

腸溶錠でないサラゾスルファピリジン錠は潰瘍性大腸炎などが効能であり効能も異なるため注意が必要です。

特にジェネリック製剤では「腸溶錠」の文字しか違わないため、このことをよく認識しておく必要があります。

⑬「ソリタ-T配合顆粒3号」と「ソリタ-T配合顆粒2号」

3号と2号では電解質のバランスが異なります。3号よりも2号の方がORSの組成としては優れています。

ソリタ-T配合顆粒3号はアップルソーダ様の香りで、ソリタ-T配合顆粒2号はオレンジ様の香りとなっています。

⑭【般】「テオフィリン徐放錠「サワイ」」と「テオフィリン徐放U錠「トーワ」」

●【般】テオフィリン徐放錠(12〜24時間持続):テオドール、テオフィリン徐放錠「サワイ」など
●【般】テオフィリン徐放錠(24時間持続):ユニフィルLA、ユニコン、テオフィリン徐放U錠「トーワ」

【般】「テオフィリン徐放錠(12〜24時間持続)」と「テオフィリン徐放錠(24時間持続)」の取り違えに注意が必要です。

ユニフィル錠をジェネリック変更しようとして、誤って「テオフィリン徐放錠「サワイ」に変更してしまうなどのミスが想定されます。

⑮【般】「ニフェジピン徐放錠(12時間持続)」と「ニフェジピン徐放錠(24時間持続)」

●【般】「ニフェジピン徐放錠(12時間持続)」:アダラートL
●【般】「ニフェジピン徐放錠(24時間持続)」:アダラートCR

⑯【般】「ノルエチステロン・エチニルエストラジオール0.035配合錠」と「ノルエチステロン・エチニルエストラジオール0.02配合錠」

●【般】ノルエチステロン・エチニルエストラジオール0.035配合錠:ルナベルLD、フリウェルLD
●【般】ノルエチステロン・エチニルエストラジオール0.02配合錠:ルナベルULD、フリウェルULD

ルナベルLDとULDの一般名です。

ルナベルLD、ULDともにジェネリックであるフリウェルが発売されたことで、一般名処方もされ始めているため注意が必要です。

LDとULDの違い

ULDのほうが、卵胞ホルモンの含有量が少なく血栓症、乳癌などの重篤な副作用発現がさらに軽減できることが期待されています。

ただしULDは、LDと比較して不正性器出血の発現率が高いことが明らかになっています。

⑰【般】「バルプロ酸Na徐放錠」と「バルプロ酸Na錠」

●【般】バルプロ酸Na徐放錠:デパケンR錠、バルプロ酸Na徐放B錠「トーワ」100mg/200mg、セレニカR:200mg/400mg)
●【般】バルプロ酸Na錠:デパケン錠、バルプロ酸Na錠「TCK」など:100mg/200mg

バルプロ酸Na錠をデパケンRのGEと勘違いしてしまうなどのミスが想定されます。

なお、後述しますが「【般】バルプロ酸Na徐放錠」にはデパケンR錠とセレニカRの2種類の製剤が該当してしまうため、規格が共通する場合は疑義照会してどちらの製剤を処方したいのか確認する必要があるため注意が必要です。

⑱【般】「バルプロ酸Na細粒40%」 と「バルプロ酸Na徐放顆粒40% 」

●【般】バルプロ酸Na細粒40%:デパケン細粒40%、バルプロ酸ナトリウム細粒40%「EMEC」
●【般】バルプロ酸Na徐放顆粒40% :セレニカR顆粒40%、バルプロ酸Na徐放顆粒40%「フジナガ」、バルプロ酸ナトリウム徐放U顆粒40%「アメル」
単に細粒と顆粒の違いだけではなく、「徐放」の場合は用法が1日1回ですが、徐放でない場合は1日2〜3回となります。

⑲【般】「ビフィズス菌錠12mg」と「ビフィズス菌製剤錠10mg」

●【般】「ビフィズス菌錠12mg」:ビオフェルミン錠剤
●【般】「ビフィズス菌製剤錠10mg」:ラックビー錠

商品名にmg数の記載がなく、含有量が違うという認識が薄く見落としがちであり、注意が必要です。

⑳【般】「フェキソフェナジン塩酸塩シロップ用5%とフェキソフェナジン塩酸塩シロップ用6%」

●【般】フェキソフェナジン塩酸塩シロップ用5%:アレグラドライシロップ5%、フェキソフェナジン塩酸塩DS5%「トーワ」
●【般】フェキソフェナジン塩酸塩シロップ用6%:フェキソフェナジン塩酸塩DS6%「トーワ」フェキソフェナジン塩酸塩DS6%「タカタ」

先発品は5%ですが、ジェネリックには6%製剤が存在するため注意が必要です。特に「トーワ」は5%と6%どちらも存在しています。「【般】フェキソフェナジン塩酸塩シロップ用6%」の処方を誤ってアレグラドライシロップ5%で調剤してしまう過誤が想定されます。

㉑「マルツエキス」と「マルツエキス分包」

処方が多いの圧倒的に「マルツエキス分包」です。

「マルツエキス」の場合は260gの缶入り製剤となり、1回量は付属のさじですくい取ります。
1杯(平らに)は6g、内側の指示線4まで(水平に)は4g、3まで(水平に)は3gです。

㉒「ヤーズ配合錠」と「ヤーズフレックス配合錠」

2017年に発売されたヤーズフレックス配合錠のほうが新しい製剤となります。

ヤーズ配合錠は実薬錠24錠とプラセボ錠4錠が1シートに包装されていますが、ヤーズフレックス配合錠では全て実薬であり、最長 120 日まで連続投与可能となっています。

㉓【般】「ラクツロース経口ゼリー40.496%」と「ラクツロース経口ゼリー54.167%」

●【般】ラクツロース経口ゼリー40.496%:ラグノスゼリー分包16.05g
●【般】ラクツロース経口ゼリー54.167%:ラグノスNF経口ゼリー分包12g
ラクツロース製剤であり、「ラグノスゼリー」は以前から販売されており、ラグノスNF経口ゼリーは新薬となります。

「ラグノスNF経口ゼリー分包12g」は「慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)」の効能が加わっており、1包のグラム数も異なっています。

2.同一成分の別製剤で間違えやすい製剤(外用)

①【般】「トリアムシノロンアセトニド口腔用軟膏0.1%」と「トリアムシノロンアセトニド軟膏0.1%」

トリアムシノロンアセトニド口腔用軟膏は商品名としてケナログ口腔用軟膏(現在は販売中止となるのでジェネリックのオルテクサー口腔用軟膏となります)が該当します。

一方、一般名のトリアムシノロンアセトニド軟膏は商品名としてレダコート軟膏が該当します。

処方せんに【般】トリアムシノロンアセトニド軟膏 5gと書かれていると、誤ってケナログを調剤してしまいがちなため注意が必要です。

トリアムシノロンアセトニド軟膏はケナログではない
今回のテーマはあまり認知されていないが知っておいたほうがよい製剤を取り上げました。 先日、皮膚科より一般名処方で「トリアムシノロンアセトニド軟膏100g 痒いところ」という処方が出ました。ケナログのことかと思いましたが、調べてみた...

②「シムジア皮下注シリンジ」と「シムジア皮下注オートクリックス」

オートクリックスの方が新しい製剤です。

オートクリックスは、指でボタンを押す必要がないよう設計された自動注射器です。

注射開始時と完了時に 2 回のクリック音によって、全ての薬液が投与されたことを患者さん自身で確認できます。

③「ノボラピッド注フレックスタッチ」と「ノボラピッド注フレックスペン」

フレックスタッチのほうが新しい製剤ですが、まだフレックスペンの処方も多く、混在している状態です。

④「ノボラピッド注フレックスタッチ」と「ノボラピッド注ペンフィル」と「ノボラピッド注100単位/mL」

インスリン製剤はフレックスペンなどの使い捨ての「キット製剤」と薬液のみが使い捨てで、注入器本体は継続して使える「カートリッジ製剤」とインスリン持続注入や院内で使用する「バイアル製剤」の3種類あります。

ノボラピッドに限らず1つの製品名に対してそれぞれが存在するため、これらで取り違えないように注意が必要です。

⑤「ヒューマログ注ミリオペン」と「ヒューマログミックス25注ミリオペン」と「ヒューマログ注ミリオペンHD」

ヒューマログミックス25注ミリオペンは超速効型と中間型を25:75の割合で含有する混合製剤です。「ヒューマログミックス50注ミリオペン」も存在します。

ヒューマログ注ミリオペンHDは2018年7月に発売された国内初0.5 単位刻みの投与量設定が可能な製剤です。
このHDの発売はあまり周知されていないため、「ヒューマログ注ミリオペンHD」の処方の際に、誤って従来製剤を調剤してしまう過誤が想定されます。

⑥【般】「ビマトプロスト点眼液」と「ビマトプロスト外用液剤」

●【般】ビマトプロスト点眼液:ルミガン点眼液0.03%
●【般】ビマトプロスト外用液剤:グラッシュビスタ外用液剤0.03%5mL

ビマトプロスト製剤に関しては現在「ルミガン点眼液」と「グラッシュビスタ外用液剤」の2種類が存在しており、濃度も共通しています。ルミガンは1本2.5mLですが、グラッシュビスタは1本5mLとなります。

グラッシュビスタ外用液剤は睫毛貧毛症を効能とする薬剤です。片目ごとに、1滴を専用のブラシに滴下して、1日1回就寝前に上まつげの生え際に塗ります。

⑦【般】「ピレノキシン点眼液0.005%」と「ピレノキシン点眼用0.005% 」

●【般】ピレノキシン点眼液0.005%:カリーユニ点眼液
●【般】ピレノキシン点眼用0.005% :カタリンK点眼用、カタリン点眼用

点眼「液」の場合はカリーユニが該当し、薬価単位は「瓶」となり、1瓶5mLです。

一方、点眼「用」の場合はカタリンが該当し、薬価単位が「mL」となり、1本15mLでとなります。

なお、後述しますが、ピレノキシン点眼用は同一の一般名でカタリンとカタリンKどちらも該当してしまうので、どちらを処方したいのか疑義照会が必要です。

⑧「プレドニゾロン軟膏0.5%「マイラン」と「プレドニン眼軟膏」

●【般】プレドニゾロン軟膏0.5%:プレドニゾロン軟膏0.5%「マイラン」
●【般】プレドニゾロン酢酸エステル眼軟膏0.25%:プレドニン眼軟膏:0.25%

プレドニゾロン軟膏「マイラン」はチューブではなく500gのツボ包装のため、詰替えでの調剤となります。

一般名処方の下記の場合が、最もプレドニン眼軟膏と間違えやすいため注意が必要です。

【般】プレドニゾロン軟膏0.5% 5g の処方

特にプレドニン眼軟膏は正式名称に規格の記載がないため注意が必要です。プレドニン眼軟膏は0.25%であることを認識しておく必要があります。

⑨「ヘパリン類似物質外用スプレー」と「ヘパリン類似物質外用泡状スプレー」

「泡状」の文字しか変わらないので、とても間違えやすいので注意が必要です。

なお、あまり認知されていませんが一般名はどちらも「ヘパリン類似物質外用スプレー」になります。

⑩「ペンニードル」と「ペンニードルプラス」

従来の「ペンニードル」はすでに販売中止となるかと思います。そのためすでに切り替えているかと思います。

ペンニードルプラスの特徴と32Gテーパーの違い
今回は2016年12月に発売されたペンニードルプラスの特徴と従来のペンニードル32Gテーパーとの違いをまとめました。 この発売に伴い従来のペンニードル32G テーパーは2018年2月に販売終了となります。今後は痛みの軽減と使いやす...

⑪BDマイクロファインプラス「32G×4mm」と「31G×5mm」と「32G×6mm」と「31G×8mm」

マイクロファインプラス32G×6mm が一番新しく発売された製剤です。

マイクロファインプラスの種類と注意点
今回は昨年秋に「マイクロファインプラス32G×6mm」が発売されたことから、現在販売されているマイクロファインの種類と注意点をまとめました。 発売の背景 基本的には針は細く短いほうが穿刺痛が少ないとされています。 そのため「3...

⑫【般】「ポビドンヨード外用液10%(エタノール非含有)」と「ポビドンヨード外用液10%」と「ポビドンヨード外用液7.5%」と「ポビドンヨード液」

●【般】ポビドンヨード外用液10%(エタノール非含有):イソジン液10%、ポビドンヨード外用液10%「明治」、ポビドンヨード液10%「メタル」など
●【般】ポビドンヨード外用液10%:イソジンフィールド液10%、ポビドンヨードフィールド外用液10%「明治」など
●【般】ポビドンヨード外用液7.5%:イソジンスクラブ液7.5%
●【般】ポビドンヨード液:ポビドンヨード液10%消毒用アプリケータ「オーツカ」

通常、調剤の機会が多いのは【般】ポビドンヨード外用液10%(エタノール非含有)でイソジン液が該当します。一方、(エタノール非含有)の文字がない「【般】ポビドンヨード外用液10%」の場合はエタノールを含有するイソジンフィールド液10%が該当します。

【般】ポビドンヨード外用液10%の処方で誤ってエタノールを含有しないイソジン液10%で調剤してしまうミスが懸念されます。

⑬「ランタスXR注ソロスター」と「ランタス注ソロスター」

XRのほうが新しい製剤であり、より持続性があり、低血糖頻度も少ないとされています。

⑭「リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%」と「リンデロン点眼液0.01%」

処方頻度が高いのは「リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%」ですが、「リンデロン点眼液0.01%」という製剤も存在しています。

⑮【般】「ロキソプロフェンNaテープ(非温感)」と「ロキソプロフェンNaテープ(温感)」

●【般】ロキソプロフェンNaテープ(非温感):ロキソニンテープ
●【般】ロキソプロフェンNaテープ(温感):ロキソプロフェンNaテープ「三友」、ロキソプロフェンナトリウムテープ「タイホウ」

通常はロキソニンテープなどに該当する「非温感」製剤ですが、一部のジェネリックで温感製剤が存在します。

ロキソプロフェンNaテープ(温感)と(非温感)の過誤注意
今回は「ロキソプロフェンNaテープ(温感)」と「ロキソプロフェンNaテープ(非温感)」の過誤注意についてまとめました。 ロキソニンテープの一般名処方である「ロキソプロフェンNaテープ(非温感)」というのはよく見かける処方なので、「...

3.別成分で間違えやすい一般名製剤(同一規格が存在しないもの)

一般名が類似しているため取り違えが懸念される薬剤です。

同一規格が存在するものとしないもので分けてまとめました。同一規格が存在しない場合は、調剤時に規格まで確認することでミスを防げることに留意しておく必要があります。

それぞれ「一般名(先発品名):規格」という表記で記載しています。

①【般】「L−アスパラギン酸カリウム」と「L−アスパラギン酸カルシウム」

●【般】L−アスパラギン酸カリウム:アスパラカリウム):300mg
●【般】L−アスパラギン酸カルシウム:アスパラCA):200mg

カリウム製剤は脈に関わるため、リスクが高いかと思います。

②【般】「アモキサピンカプセル」と「アモキシシリンカプセル」

●【般】アモキサピン:アモキサン:25mg/50mg
●【般】アモキシシリン:パセトシン:125mg/250mg

アモキサピンの規格は25mgと50mgがありますが、アモキサピンカプセル25mgとアモキシシリンカプセル250mgの場合が最も名前が類似するので注意が必要かと思います。

③【般】「アロチノロール塩酸塩」と「アロプリノール」

●【般】アロチノロール:アロチノロールDSP:5mg/10mg
●【般】アロプリノール:ザイロリック:50mg/100mg

アロチノロールのほうが処方度は高いかと思います。規格は同一規格はありませんが、桁違いで間違える可能性があります。

④【般】「アロチノロール塩酸塩」と「アテノロール」

●【般】アロチノロール:アロチノロールDSP:5mg/10mg
●【般】アテノロール:テノーミン:25mg/50mg

⑤【般】「クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム配合錠」 と「クエン酸第一鉄ナトリウム錠50mg(鉄として)」

●【般】クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム配合錠:ウラリット配合錠
●【般】クエン酸第一鉄ナトリウム錠50mg(鉄として):フェロミア錠50mg 

⑥【般】「ニソルジピン」と「ニルバジピン」

●【般】ニソルジピン:バイミカード:5mg/10mg
●【般】ニルバジピン:ニバジール:2mg/4mg

どちらもそれほど処方頻度は高くないかと思いますが、名称がかなり類似しており注意が必要です。規格は異なるので規格も意識して調剤する必要があります。

⑦【般】「ベニジピン」と「マニジピン」

●【般】ベニジピン:コニール:2mg/4mg/8mg
●【般】マニジピン:カルスロット:5mg/10mg/20mg

ベニジピンのほうが処方頻度は高いかと思います。

⑧【般】「ラニチジン」と「ラフチジン」

●【般】ラニチジン:ザンタック:75mg/150mg
●【般】ラフチジン:プロテカジン:5mg/10mg

名称は似ていますか、規格が明らかに異なります。

⑨【般】「ラベタロール」と「ラベプラゾール」

●【般】ラベタロール:トランデート:50mg/100mg
●【般】ラベプラゾール:パリエット:5mg/10mg/20mg

ラベプラゾールのほうが処方頻度は高いかと思います。

⑩【般】「ランソプラゾール」と「ラベプラゾール」

●【般】ランソプラゾール:タケプロン:15mg/30mg
●【般】ラベプラゾール:パリエット:5mg/10mg/20mg

⑪【般】「リトドリン」と「ミトドリン」

●【般】リトドリン:ウテメリン):5mg
●【般】ミドドリン:メトリジン):2mg

⑫【般】「レトロゾール錠2.5mg」と「アナストロゾール錠1mg」

●【般】「レトロゾール錠2.5mg」:フェマーラ錠2.5mg
●【般】「アナストロゾール錠1mg」:アリミデックス錠1mg

⑬【般】「ベタメタゾンジプロピオン酸エステル軟膏0.064%」と「ベタメタゾン酪酸プロピオン酸エステル軟膏0.05%」と「ベタメタゾン吉草酸エステル軟膏0.12% 」

●【般】ベタメタゾンジプロピオン酸エステル軟膏0.064%:リンデロンDP
●【般】ベタメタゾン酪酸プロピオン酸エステル軟膏0.05%:アンテベート
●【般】ベタメタゾン吉草酸エステル軟膏0.12%:リンデロンV

単に「ベタメタゾン軟膏」という認識では誤った製剤を調剤してしまうため注意が必要です。なお、軟膏に限らず、クリームやローションも同様です。

外用薬は類似する名前が多いため、この組み合わせに限らず注意する必要があります。

また、外用剤は規格を確認する習慣の無い薬剤師が多いですが、とり違いに注意が必要な薬剤で規格を確認することで取り違えを防ぐことができる薬剤に関しては規格も確認する必要があります。

スポンサーリンク

4.別成分で間違えやすい一般名製剤(同一規格が存在するもの)

同一規格が存在する場合はきちんと規格を確認していても取り違える可能性があるため、より注意する必要があります。

①【般】「一硝酸イソソルビド」と「硝酸イソソルビド徐放錠」と「硝酸イソソルビド錠」

●【般】一硝酸イソソルビド:アイトロール:10mg/20mg
●【般】硝酸イソソルビド徐放錠:フランドル:20mg
●【般】硝酸イソソルビド錠:ニトロール:5mg

一硝酸イソソルビドと硝酸イソソルビド徐放錠はどちらも20mgの規格があり特に注意が必要です。

一硝酸イソソルビドと硝酸イソソルビドの違いと注意点
今回は一硝酸イソソルビドと硝酸イソソルビドの違いと注意点をまとめました。 一硝酸イソソルビド製剤(アイトロールなど)のほうが、硝酸イソソルビド製剤(フランドルなど)に比べて、処方される頻度は高いかと思いますが、「一硝酸イソソルビド...

②【般】「エスタゾラム」と「エチゾラム」

●【般】エスタゾラム:ユーロジン:1mg/2mg
●【般】エチゾラム:デパス:0.25mg/0.5mg/1mg

規格が共通して存在しているエスタゾラム1mgとエチゾラム1mgが最も間違えやすいかと思います。

③【般】「エバスチン」と「エピナスチン」

●【般】エバスチン:エバステル:5mg/10mg
●【般】エピナスチン:アレジオン:10mg/20mg

規格が共通して存在している10mgが特に注意が必要です。

④【般】「ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩」と「ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩」

●【般】ジヒドロエルゴタミンメシル:ジヒデルゴット:1mg
●【般】ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩:ヒデルギン:1mg/2mg

⑤【般】「スルトプリド塩酸塩」と「スルピリド」

●【般】スルトピリド:バルネチール:50mg/100mg/200mg
●【般】スルピリド:ドグマチール:50mg/100mg/200mg

⑥【般】「セフカペンピボキシル塩酸塩」と「セフジトレンピポキシル」

●【般】セフカペンピボキシル:フロモックス:75mg/100mg
●【般】セフジトレンピポキシル:メイアクト:100mg

⑦【般】「ニコランジル」と「ニセルゴリン」

●【般】ニコランジル:シグマート:2.5mg/5mg
●【般】ニセルゴリン:サアミオン:5mg

5mgの規格が共通しており特に注意が必要です。

⑧【般】「ビソプロロール」と「カルベジロール」

●【般】ビソプロロール:メインテート:0.625mg/2.5mg/5mg
●【般】カルベジロール:アーチスト:1.25mg/2.5mg/10mg/20mg

一般名処方でビソプロロールの際に先発品のアーチストを調剤してしまうミスが報告されています。2.5mgの規格が共通しており特に注意が必要です。

⑨【般】「ロフラゼプ酸エチル」と「ロラゼパム」

●【般】ロフラゼプ酸エチル:メイラックス:1mg/2mg
●【般】ロラゼパム:ワイパックス:0.5mg/1mg

1mgの規格が共通しており特に注意が必要です。

⑩【般】「亜鉛華軟膏」と「亜鉛華単軟膏」

●【般】亜鉛華軟膏:亜鉛華軟膏「ホエイ」
●【般】亜鉛華単軟膏10%:亜鉛華(10%)単軟膏「ホエイ」、サトウザルベ軟膏10%
●【般】亜鉛華単軟膏20%:サトウザルベ軟膏20%

亜鉛華軟膏は20%製剤で、亜鉛華単軟膏は10%と20%の2規格存在しています。

典型的な間違えとして、一般名処方として「亜鉛華単軟膏20%」で処方がきた際に、誤って同じ20%である「亜鉛華軟膏」で調剤してしまうことが想定されます。

亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏の違いと注意点
今回は薬剤師であればほとんどの方が調剤したことのある亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏について、その違いと調剤上の注意点を取り上げます。 亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏の違いは主成分である「酸化亜鉛の含有量」の違いだと思われがちですが、実際は「軟...

⑪【般】「クロベタゾールプロピオン酸エステル」と「クロベタゾン酪酸エステル」

●【般】クロベタゾールプロピオン酸エステル:デルモベート:0.05%
●【般】クロベタゾン酪酸エステル:キンダベート:0.05%

5.別成分で間違えやすい商品名

①「エクセラーゼ」と「エクセグラン」

●エクセラーゼ:規格記載なし
●エクセグラン:100mg

②「オルメテック」と「オメプラール」

●オルメテック:5mg/10mg/20mg/40mg
●オメプラール10mg/20mg

③ 「カムシア配合錠」と「テルチア配合錠」と「テラムロ配合錠」と「カデチア配合錠」

それぞれ先発と後発は下記となります。どれも「AP」,「BP」の表記であり混同しやすいため注意が必要です。
●ミカムロ配合錠 →テラムロ配合錠
●ミコンビ配合錠→テルチア配合錠
エカード配合錠→カデチア配合錠
●ユニシア配合錠→カムシア配合錠
また、配合錠の場合は一般名処方からのAPとBPの取り違えに注意が必要です。
例えば「【般】カンデサルタン・アムロジピン2.5mg」はカムシア配合錠LDが該当しますが、誤ってカムシア配合錠HDで調剤してしまうなどの過誤が懸念されます。
同一成分のため、レセコンによっては「【般】カンデサルタン・アムロジピン2.5mg」を誤った規格であるカムシア配合錠HDで入力できてしまうため注意が必要です。

④「ザルティア」と「ザイティガ」

●ザルティア:2.5mg/5mg
●ザイティガ:250mg

⑤「シダトレン」と「シダキュア」と「ミティキュア」

●シダトレンスギ花粉舌下液:200JAU/mLボトル/2,000JAU/mLボトル/2,000JAU/mLパック
●シダキュアスギ花粉舌下錠:2,000JAU/5,000JAU
●ミティキュアダニ舌下錠:3,300JAU/10,000JAU

シダトレンは「液」でシダキュア、ミティキュアは「錠」です。

また、シダトレンとシダキュアは「スギ花粉」に対してであり、ミティキュアは「ダニ」に対してとなっています。

なお、シダトレンは今後販売中止となります。

⑥「タリオン」と「タチオン」

●タリオン:5mg/10mg
●タチオン:50mg/100mg

タチオンの効能は「 薬物中毒、アセトン血性嘔吐症(自家中毒、周期性嘔吐症)、金属中毒、妊娠悪阻、妊娠高血圧症候群」であり処方されるのは稀ですが、名称が類似しているので注意が必要です。

⑦「ディナゲスト」と「デュファストン」

●ディナゲスト:1mg
●デュファストン:5mg

どちらもホルモン系の薬剤であり混同されやすく、取り違えが報告されています。

特にデュファストンは妊娠時に投与可能な薬剤であるのに対し、ディナゲストは妊婦禁忌であるため取り違えた際にリスクが高くなります。

⑧「テオドール」と「テグレトール」

●テオドール:50mg/100mg/200mg
●テグレトール:100mg/200mg

⑨「ノイロビタン」と「ノイロトロピン」

●ノイロビタン:4単位
●ノイロトロピン:規格記載なし

⑩「ノルバスク」と「ノルバデックス」

●ノルバスク:2.5mg/5mg/10mg
●ノルバデックス:10mg/20mg

⑪「ベタニス」と「ベオーバ」

●ベタニス:25mg/50mg
●ベオーバ:50mg

同じ4文字で薬効も同じなため混同しやすい製剤です。

パッケージは異なるので、過誤防止策としては、薬情や薬袋の写真と現物が一致しているかを確認するのがよいかと思います。

⑫「ボノサップパック」 と「ボノピオンパック」

名称とパッケージが類似しているため、間違えやすい製剤です。

過誤防止策としては、投薬時にパッケージを見せて、シートに含有する製剤名を読み上げて説明することで対応できるかと思います。

読み上げた薬剤がクラリスかフラジールかで区別ができます。

⑬「ボンビバ」と「ボノテオ」

●ボンビバ:100mg
●ボノテオ:1mg/50mg

同じ4文字で薬効も同じなため混同しやすい製剤です。

パッケージは異なるので、過誤防止策としては、薬情や薬袋の写真と現物が一致しているかを確認するのがよいかと思います。

⑭「リクシアナ」と「リフキシマ」

●リクシアナ:15mg/30mg/60mg
●リフキシマ:200mg

⑮「タプロス点眼液」と「タプコム配合点眼液」

タプコムはタプロス+チモロールの配合剤です。

どちらも4文字であるため混同しやすいため注意が必要です。

⑯「デルモゾール軟膏」と「デルモベート軟膏」

●デルモゾール軟膏:0.12%
●デルモベート軟膏:0.05%

名前が似ており、一見デルモベートのジェネリックがデルモゾールかと誤解しがちですが、デルモゾールはリンデロンVのジェネリックです。なお、デルモゾールGはリンデロンVGのジェネリックとなります。

⑰「パンデル軟膏/クリーム/ローション」と「パルデス軟膏/クリーム/ローション」

●パンデル:0.1%
●パルデス:0.05%

パルデスはキンダベートのジェネリックです。

⑱「リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%」と「点眼・点鼻用リンデロンA液」

点眼・点鼻用リンデロンA液はアミノグリコシド系抗菌薬が含まれているため「耳」の効能はありません。

スポンサーリンク

6.同一製剤で規格・剤形で間違えやすい製剤

「スピリーバーレスピマット2.5μg」と「スピリーバーレスピマット1.25μg」のように複数規格ある製剤で、かつ実際処方されるのがほとんど片方の規格である製剤は、処方頻度が低い規格の存在を忘れがちであるため、稀な規格の処方が来た場合に気づかずに過誤をするリスクが高いため注意が必要です。

また、今まで1つの規格だけであったものが、新たな規格を発売する際は、存在を認識しておかないと新規格の処方を従来規格で調剤してしまう過誤となるリスクが高いため注意が必要です。

新たな規格が発売された際は薬局内に周知する必要がありますが、この手の情報は腹立たしいことに製薬会社もあまりアナウンスしてこないので、このことを認識しておかないと気づけない可能性があります。

①「ザルティア5mg」と「ザルティア2.5mg」

通常量は5mg規格ですが、中等度の腎障害のある患者やCYP3A4を強く阻害する薬剤を投与中の患者では1回2.5mgから投与を開始する場合があります。

②「タムスロシン塩酸塩OD錠0.2mg」と「タムスロシン塩酸塩OD錠0.1mg」

通常は0.2mgですが0.1mgの規格も存在します。

③「デカドロン錠0.5mg」と 「デカドロン錠 4mg」

処方が多いのは0.5mgですが4mgの規格も存在します。間違えたら非常にリスクが大きいため認識しておく必要があります。

④「ビカルタミド錠「NK」」と「ビカルタミド錠「KN」」

「NK」は 日本化薬株式会社 で「KN」は小林化工株式会社 です。

ビカルタミド以外にも、アナストロゾール、レトロゾール、イマチニブなどでは「NK」と「KN」どちらも販売されているため注意が必要です。

⑤「ロペミン細粒0.1%」と「ロペミン小児用細粒0.05%」

ロペミン細粒0.1%は成人用のため、小児に処方された場合は疑義照会対象となります。

⑥【般】「アダパレンゲル0.1%」と「アダパレンクリーム0.1%」

ディフェリンゲルのジェネリックが発売されましたが、一部の会社がアダパレンの「クリーム製剤」を発売しました。

そのため、クリーム製剤の存在を認識しておかないと、一般名として「アダパレンクリーム」の処方が来た際に、誤ってゲル製剤を調剤してしまう過誤が想定されます。

⑦「イドメシンコーワゾル」と「イドメシンコーワゲル」

1文字しか違わないので混同しやすい製剤です。

ゾルはローションタイプの製剤です。1本のグラム数も下記ように異なっています。

イドメシンコーワゲル1% : 35g、70g
イドメシンコーワゾル1% : 30g、45g、90g

⑧「MS温/冷湿布20g」と「MS温/冷湿布 40g」

MS温シップ、MS冷シップは通常処方が多いのは1枚が20g( 1袋100g:20g×5枚)ですが、大きいサイズの1枚が40g製剤( 1袋200g:40g×5枚)が存在しています。

そのため、処方量が200g単位である場合は全量の記載だけではどちらの製剤か判断できないため疑義照会をする必要があります。

⑨「スピリーバーレスピマット2.5μg」と「スピリーバーレスピマット1.25μg」

処方が多いのは2.5μgです。1.25μgの場合は気管支喘息の効能のみで、COPDの効能はありません。

⑩「ドボベット軟膏」と 「ドボベットゲル」

従来では軟膏製剤のみでしたが、2018.6月にゲル製剤が発売されました。

⑪フルティフォーム「50エアゾール」と「125エアゾール」、「56吸入用」と「120吸入用」

フルティフォーム:50エアゾール56吸入用/50エアゾール120吸入用/125エアゾール56吸入用/125エアゾール120吸入用

規格と吸入回数のどちらも間違う可能性があり注意が必要です。

⑫「モーラスパップXR120mg」と「モーラスパップXR240mg」

⑬「ルリコンクリーム」と「ルリコン軟膏」

処方が多いのはクリームであるため、「軟膏」で処方された際に気づかずにクリームで調剤してしまいがちなので注意が必要です。

⑭「アミティーザカプセル24μ」と「アミティーザカプセル12μg」

今までは24μの規格のみ販売していましたが、2018年11月末頃に12μgの規格が発売されました。

新規格の12μg処方時に、気付かずに従来の24μで調剤してしまう過誤が想定されます。

⑮「テネリア錠20mg」と「テネリア錠40mg」

今までは20mgの規格のみ販売していましたが2018年12月頭に40mgの規格が発売されました。

新規格の40mg処方時に、気付かずに従来の20mgで調剤してしまう過誤が想定されます。

⑯「レクサプロ錠10mg」と「レクサプロ錠20mg」

今までは10mgの規格のみの販売でしたが2019年6月に20mgの規格が発売されました。

新規格の20mg処方時に、気付かずに従来の10mgで調剤してしまう過誤が想定されます。

⑰「アラミスト点鼻液27.5μg 56噴霧用」と「アラミスト点鼻液27.5μg 120噴霧用」

今までは56噴霧用の規格のみの販売でしたが2019年6月に120噴霧用の規格が発売されました。

120噴霧の処方で従来の56噴霧を調剤してしまう過誤が想定されるので注意が必要です。

7.同じ一般名で異なる製剤

同一の一般名とは「徐放錠」と「普通錠」などの類似の一般名ではなく、全く同じ一般名に対して異なる製剤が該当してしまう薬剤です。

一般名が同じため、レセコン上でもどちらとも候補として出てきてしまいますが、異なる薬剤であるため疑義照会しないとどちらの製剤を処方したいかがわからない製剤です。

事務による入力も、このことに気づかずに自店にある在庫で入力してしまう可能性が高いため注意が必要です。

①【般】バルプロ酸Na徐放錠

「デパケンR」と「セレニカR」の2つの製剤が該当します。

デパケンRは1日1~2回の用法ですが、セレニカRはを1日1回の製剤です。また、デパケンRの規格は100mgと200mgですが、セレニカRは200mgと400mgです。

そのため、200mgでなければ規格からどちらの製剤か判別可能です。

②【般】ジフルコルトロン吉草酸エステルクリーム

「ネリゾナクリーム」と「ネリゾナユニバーサルクリーム」の2つの製剤が該当します。

どちらも乳剤性基剤ですが、ネリゾナクリームは「O/W型」であり、ネリゾナユニバーサルクリームは「W/O型」となっています。

ネリゾナクリームとネリゾナユニバーサルクリームの違いと一般名処方の注意点
以前の記事で、「一般名処方のトリアムシノロンアセトニド軟膏はケナログではない」ということを話題にしましたが、今回はネリゾナのクリーム製剤にあたる一般名処方である「ジフルコルトロン吉草酸エステルクリーム」に関して注意が必要なことと、ネリゾ...

③【般】ピレノキシン点眼用0.005% 

「カタリンK点眼用0.005%」と「カタリン点眼用0.005%」の2つの製剤が該当します。
「K」は溶解するのが顆粒で、Kがついていないカタリンでは溶解するのが錠剤となっています。

④【般】ヘパリン類似物質外用スプレー

「ヘパリン類似物質外用スプレー」と「ヘパリン類似物質外用泡状スプレー」の2つの製剤が該当します。

あまり認知されていませんが泡状スプレーの一般名も泡でない通常のスプレーも同じ一般名となっています。

これに関しては前述のものとは異なり、一般名で処方がきた際に、わざわざ泡状を調剤するのはひねくれているので、通常のスプレーを調剤する対応でよいかと思います。

なお、一般名処方で、「泡状」を処方したい意図がある医師は、ヘパリン類似物質外用スプレーの一般名で、コメントとして「泡」と処方されるケースがあります。

また、2018年9月に発売となる「ヒルドイドフォーム」は1本100gではなく「92g」となっており、一般名処方で「ヘパリン類似物質外用スプレー 92g」のような用量の場合は「ヒルドイドフォーム」の処方を意図したものとなるかと思います。

服薬指導の考え方・教育過誤対策
スポンサーリンク
Suzukiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
関連記事
薬局薬剤師ブログ 服薬指導の覚書

コメント

タイトルとURLをコピーしました