腎機能により減量が必要な薬剤の患者対応

腎機能
調剤薬局で触れる機会の多い薬剤のなかにも腎機能に応じて減量が必要な薬剤は多く存在しています。今回は腎機能により減量が必要な薬剤の患者対応の個人的な考え方と対応をまとめました。

スポンサーリンク

腎機能により減量が必要な薬剤の患者対応

腎機能に応じて減量が必要な薬剤での服薬指導では、まず患者に対して「腎臓が悪いと言われていないか」を聴取します。特に腎臓が悪いと言われていない場合は薬歴にそのことを記載します。

腎臓が悪いと言われている場合は血清クレアチニンがわかる場合と分からない場合で対応が分かれます。

① 血清クレアチニンがわかる場合の対応

腎臓が悪いと言われている場合は血清クレアチニンの値がわかる場合は身長、体重を聞き取り、年齢を確認してクレアチニンクリアランスを計算します。(透析している場合は透析の場合の投与量となるためクレアチニンクリアランスの計算は不要となります。)

クレアチニンクリアランスを計算する際はクレアチニンクリアランス計算サイトを使うのが便利です。検索すればいくつかサイトがみつかりますが、私は日本腎臓病薬物療法学会の「eGFR・Ccrの計算」というサイトを使っています。

ここでは入力した情報からクレアチニンクリアランスだけでなく理想体重も計算される点が他のサイトよりも優れています。肥満患者では筋肉量が体重に比例していないためにクレアチニンクリアランスが高めに推算されてしまいます。

このような場合は理想体重を用いてクレアチニンクリアランスを推算します。そして得られたクレアチニンクリアランスより薬剤投与量が適切であるかを判断し減量が必要であれば疑義照会します。

この際に腎機能低下時の薬剤投与量に関して何を参考とするかに関しては人により異なりますが、私は「添付文書」と「CKD診療ガイド 2012の巻末にある付表(腎機能低下時の薬剤投与量)」の2点をもとに判断しています。

添付文書はもちろんてすが、CKD診療ガイド 2012もインターネット上で公開されており参照できるため便利です。

②血清クレアチニンが分からない場合

問題は患者が腎機能が悪いと言われているものの、血清クレアチニンなどの値が分からない場合でしょう。これは検査値を自宅においてきて帰宅すれば持参可能な場合や検査値をなくしてしまい病院に確認しないと分からない場合などが考えられます。

この場合は同効薬があるなど容易に代替が可能である場合は疑義照会して変更を相談します。代替が難しい場合は患者に自宅から検査値を持参してもらうか、検査をした病院に連絡して検査値を教えてもらうといった対応となるかと思います。

服薬指導の考え方・教育薬剤別服薬指導
スポンサーリンク
Suzukiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
関連記事
薬局薬剤師ブログ 服薬指導の覚書

コメント

タイトルとURLをコピーしました