重複投薬・相互作用等防止加算の対応① (禁忌と代替薬)

重複防止加算
今回は重複投薬・相互作用等防止加算の対応 (禁忌と代替薬)をまとめました。4月の調剤報酬改定により、禁忌等で疑義照会し処方が変更になった際にもこれらの加算が算定できることとなりました。

これを期に調剤薬局において調剤する機会が多いのなかで特に注意が必要な禁忌(遭遇する機会が多い)と代替薬をまとめました。なお、「重複投薬・相互作用等防止加算の対応②(用量)」に関しては下記をご参照ください。

重複投薬・相互作用等防止加算の対応②(用量)
前回は処方された薬剤が禁忌に該当しないかを服薬指導時に聴取し、該当する場合は疑義照会し変更となった場合は算定する、といった「禁忌」から重複投薬・相互作用等防止加算を算定する対応をまとめました。 今回は主に用量に関する疑義照...
スポンサーリンク

重複投薬・相互作用等防止加算の対応

服薬指導を行う際には処方された薬剤が下記のような禁忌に該当しないことを患者から聴取し、また、腎機能により減量が必要な薬剤は腎臓が悪いと言われたことがないかを確認し、該当する場合は疑義照会し変更となれば加算を算定します。

なお、禁忌に該当しない場合も該当しないことを薬歴に残すほうがよいでしょう。例(牛乳アレルギーなし、前立腺肥大・緑内障なし)等

①頻用薬の主な禁忌と代替薬例

あくまで下記の薬剤のうち遭遇する機会が多い禁忌を取り上げているにすぎず、禁忌が下記のものしかないという意味ではない点はご注意下さい。

禁忌によっては「既往」を含むものがあり、その場合は「今まで◯◯と言われたことは無いですか」といった話し方をしなければならない点に注意が必要です。

また、代替薬を提案する際は疑義照会前に提案したい代替薬の禁忌に患者が該当しないことを確認しておく必要があります。

薬剤名主な禁忌代替薬例
ザジテンDSてんかん(既往含む)ゼスラン細粒等
タンナルビン牛乳アレルギーアドソルビン
ラックビーR散牛乳アレルギービオフェルミンR散
ポララミン錠、ゼスラン錠、
セレスタミン錠、フスコデ
緑内障・前立腺肥大アレグラ、アスベリン、
メジコン
カフコデ緑内障・前立腺肥大・潰瘍・
喘息(アスピリン喘息) *1・喘息発作中
アスベリン、メジコン
オゼックス、バクシダール以外のキノロン小児オゼックス
キノロン(ウイントマイロン以外)妊婦ジスロマック
ナウゼリン妊婦プリンペラン
エクセラーゼ・ベリチーム・タフマックEウシ、ブタタンパクアレルギーつくしAM散
ペリアクチン散・シロップ新生児・喘息発作中ゼスラン細粒・シロップ等
ロペラミド小児用6ヶ月未満・2歳未満(原則禁忌)タンナルビン
NSAIDs、カロナール潰瘍・喘息(アスピリン喘息)*1別記事参照
アレグラ・クラリチン以外の抗ヒスタミン、カフコデ、ペロリック、
プリンペラン、メジコン、ロペミン等
運転*2アレグラ、アスベリン、
フェロベリン
ベルソムラクラリス(併用禁忌)クラリスをジスロマックに

*1 NSAIDはスルガムなどの一部の薬剤を除き喘息自体が禁忌というわけではないですが、禁忌であるアスピリン喘息を否定するために喘息の有無を聴取します。(過去記事 NSAIDの服薬指導とアスピリン喘息参照)

NSAIDの服薬指導とアスピリン喘息
NSAIDの服薬指導では患者に対して潰瘍やアスピリン喘息をもっていないことを確認する必要があります。今回はアスピリン喘息を持っていないことの確認方法をまとめました。 NSAIDはスルガムなどの一部の薬剤を除き喘息自体が禁忌というわ...

*2 運転に関しては「眠気が出ることがあるので運転等は避けること」を伝えれば薬を渡すことは可能です。患者がどうしても運転したい場合は代替があれば疑義照会します。

②腎機能により減量が必要な頻用薬と代替例

以下は腎機能により減量が必要な薬剤です。投薬時に腎臓が悪いと言われたことがないかを確認します。該当する場合は血清クレアチニンの値がわかるかで対応が異なります。

血清クレアチニン値わかる場合はクレアチニンクリアランスに応じた減量を提案します。血清クレアチニンがわからない場合は代替薬の提案を検討します。(過去記事 腎機能により減量が必要な薬剤の患者対応参照)

腎機能により減量が必要な薬剤の患者対応
調剤薬局で触れる機会の多い薬剤のなかにも腎機能に応じて減量が必要な薬剤は多く存在しています。今回は腎機能により減量が必要な薬剤の患者対応の個人的な考え方と対応をまとめました。 腎機能により減量が必要な薬剤の患者対応 腎機能に応じて減...
薬剤名代替薬
ザイザル、ジルテッククラリチン
タミフルリレンザ・イナビル
クラビットジェニナック(体重40kg以上の場合)*1
ガスターなどH2RA(プロテカジン以外)PPI、プロテカジン
バルトレックスなし
リリカなし
アロプリノールフェブリク

*1 ジェニナックは細菌性腸炎や膀胱炎の適応がないため適応により代替不可の場合あり。

服薬指導の考え方・教育
スポンサーリンク
Suzukiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
関連記事
薬局薬剤師ブログ 服薬指導の覚書

コメント

タイトルとURLをコピーしました