はじめに

服薬指導
服薬指導の覚書の著者のSuzukiです。この度は「薬局薬剤師 服薬指導の覚書」を閲覧頂きましてありがとうございます。

このブログで扱う内容は「薬局の薬剤師」を対象とし主に以下の3点をテーマとして構成されています。

スポンサーリンク

「薬局薬剤師 服薬指導の覚書」の構成内容

①薬剤別服薬指導
②DSU等の解説
③服薬指導の考え方・教育

以下で具体的に説明します。

①薬剤別服薬指導

薬剤ごとに添付文書の記載をもとに服薬指導時に「確認すること」と「伝えること」に分けて服薬指導の注意点をまとめています。詳細は下記の記事をご参照ください。

服薬指導の考え方
薬剤師が服薬指導の際にどのような考えに基づいて指導を行うかは薬剤師一人ひとり異なります。自分なりの基準や根拠を持っている方もいれば、はっきりした基準を持たない人もいるかもしれません。 というのも、このような内容は人から教えられたり...

②DSU等の解説

毎月発行されるDSU(添付文書の改訂一覧)に関して薬局薬剤師に関係がありそうなものを抜粋して、「改訂により薬剤師としてどういった対応が必要か」という自分なりの考えを記しています。

また、効能追加情報に関しても数ヶ月毎に記事にしています。

③服薬指導の考え方・教育

服薬指導の際に参考となる考え方や店舗薬剤師に指導、教育する際の内容(過誤対策も含む)をまとめています。

扱う内容として「腎機能により減量が必要な薬剤の患者対応」や「重大な副作用の服薬指導に対する考え方」のようなものから「薬剤の取り違え防止のための鑑査方法」といった過誤対策まで多岐にわたります。

私自身が店舗の薬剤師に指導する際の資料としての意味でも作成しています。

著者紹介

このブログの著者である私の自己紹介を以下に記載します。

特に興味がなければ読み飛ばして頂ければと思いますが、中には記事を書いている人物像や背景をある程度把握した上で記事を読みたい方もいると思うためざっくりですが、私の経歴などを取り上げたいと思います。

著者経歴

東邦大学を卒業し、関東の調剤薬局に勤務する30代男性の薬局薬剤師です。子供はもうすぐ2歳になろうとするわんぱくな娘がいます。

勤めている薬局はいわゆる病院前薬局ではなく、主に小児科・内科のクリニックの近隣に位置しています。病院勤務の経験はなく、調剤薬局の薬剤師歴が10年程度となります。

ブログを始めた理由

2015年の春頃から記事を書き始めました。ブログを始めた理由としては自身の覚書としての意味合いもありますが、将来的にDIや教育関連の業務に就いた際に行っていくことの前準備としての側面もあります。

更新頻度としては月に3-4回を目安にしていますが、なかなか難しい時もあります。フェイスブックのいいね!などで応援頂けると更新の励みになるのでとてもありがたく思います。

著者趣味

映画や漫画を趣味としています。映画といっても映画館に行くわけではなく概ねレンタルで済ませているため、我ながらリーズナブルな趣味だと思っています。

薬とは全く関係ありませんが、おすすめ映画をまとめています。興味があればご参照下さい。

おすすめ映画の覚書
薬とは全く関係ありませんがおすすめ映画をまとめました。私が友人にお勧め映画を聞かれたら下記の映画を紹介しています。概要を記載するのが手間なのでAmazonのリンクをしていますが、実際にはTSUTAYAなどでレンタルで借りるほうが安いです...
タイトルとURLをコピーしました