抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン

抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン

2012年7月に抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン
が刊行されました。

同ガイドラインでは出血の危険度から
「観察」,「生検」,「出血低危険度」,「出血高危険度」の4段階に分類されています。

抗血小板薬はアスピリン、チエノピリジン誘導体、その他の抗血小板薬、
抗凝固薬としてワルファリン、ダビガトランに分類されて休薬の必要性がまとまっている。
(参考・引用)
1)血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン
https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/54/7/54_2075/_pdf

ガイドライン 消化器
スポンサーリンク
Suzukiをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
関連記事
薬局薬剤師ブログ 服薬指導の覚書

コメント

タイトルとURLをコピーしました